最近は透明でもUV99%カットのサングラスもあるらしく

それを着けてみたときの画像です。


今日は私が日光アレルギーになった話と

紫外線対策のススメを書きます。


8月のある日、鏡を見ると顔に細かいニキビのようなポツポツが出ていました。

その時は”昨日はお酒飲みすぎたし疲れているのか”と思い

明日には良くなってるだろうと軽い気持ちでした。

しかし、次の日鏡を見ると、、

酷くなってる~~~~~

しかもかゆい~~~~~



その後も肌荒れは悪化していき、、、

特にアレルギー無いはずだし〜

化粧水が合わなかったか〜?

それとも内臓が悪いのか〜?

いろんな原因を調べてたんです。


大した診断されないだろう思いつつ

皮膚科にいってみましたがやはり、

ステロイド薬を出され”様子みてください”

という感じでした。


しばらくマスク生活するしかない~

しかも同時期に3日間ぐらい高熱で寝込んで

どうしよう~


なんて思っていた時

紹介してもらったオステオパシーの先生の

ところに行きました。


その先生によると

歯の矯正によるで頭蓋の締めつけと歪みが原因で

日光にアレルギーが出てしまってるかもしれない

とのことでした。


初めはまさかと思ったのですが、

確かに日光避けた日は肌荒れが和らいでる、、


日光アレルギーは日光自体にアレルギー反応が出るわけではなく

日光に当たったダメージで自己免疫が何かのアレルゲンに反応してしまうもの?らしく詳しく解明されてないことも多いらしいです。


それから何回か頭蓋を整えてもらい

(説明しづらいので気になる方はオステオパシーを調べてみてください)

酷い症状は落ち着きました。

まさに救世主でした。


日光アレルギーを知ってから

紫外線のことや紫外線対策について

調べによると

まず、紫外線は暑くなる夏が一番多いですが

日本は冬でもわずかながらも降り注いでます。

しかも年々その量は増えて行っているらしいです。

顔まわりやデコルテが一番日光に当たりやすく

見逃しがちな手も焼けやすい部分です。

それ以上に見逃しがちなのが

目から受ける紫外線です。

白内障などの直接的な原因になるのはもちろん

目が紫外線を受けると、そのダメージに脳が反応して

メラニン生成がされる間接的な影響もあります。

つまり、目から日焼けして

シミやシワの原因にもなり得るとのことです。

日本人はも黒目・黒髪でメラニン色素が多いので、

敏感になりすぎることはないかもしれませんが

紫外線予防するに越したこと無いです。

日に焼けた時に赤くなりやすい人は、特に注意した方が良いそうです。

私は最近帽子かサングラスは欠かしてません。


長くなりそうなので

次回『紫外線対策いろいろ』を書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。