久しぶりの投稿になってしまいました。

今日のテーマは

『姿勢の悪さが呼吸をしづらくする?!』


姿勢というと、背筋をイメージすることが多いと思います。

わかりやすい”姿勢の悪さ”No1は猫背でないでしょうか

あとはなで肩やいかり肩など様々なのです。

過去投稿でも話したかもしれませんが、背骨周りは臓器に行く神経が集まっています。

呼吸を司る肺や横隔膜は胸郭と呼ばれる肋骨を含めた骨に囲まれています。

不良姿勢になると胸郭の動きが制限されてしまい、呼吸が浅くなる可能性があります。


試しに自分の肩を下側に押してみる

あるいは、背筋を伸ばした時と丸めた時を比べてみるとわかりやすいです。


呼吸が浅くなると血流が悪くなり冷え性や肩こりやむくみ等が起こります。

また疲れやすくなったり、ストレスを感じやすくなったり、さらにそれによって不良姿勢になるなんて負の連鎖も起こりえます。

不良姿勢や背中のこわばりを解消すると様々なメリットがありますが

まず呼吸が楽になれる姿勢を探してみるのもいいかもしれません。


ジャイロトニック ®︎は背骨周りを多く動かし、胸郭にも働きかけるので、姿勢の悪さや呼吸のしづらさなどが思いあたる方には、してみて損はないメソッドです。

RISA