内側と外側

今日は筋肉のお話です。

大まかに内側(インナーマッスル)と外側(アウターマッスル)で機能や鍛え方に違いがあります。


インナーマッスルは骨に近くや内臓の近くに位置します。身体の奥の方にあるので神経に近く、突発的な動きやバランスをとる等の細かな動きを発揮するのに重要になります。

アウターマッスルは表面にある筋肉で、目に見えて筋肉の発達がわかるのでボディメイク(体を大きくするため)や強い力を発揮するため重要です。


“筋肉をつけたからといって身体能力が上がるわけではないし、頑丈になるわけではない”


スポーツジムに行くと思いバーベルを勢い良くあげる光景をよく見ますがそういう人でもインナーマッスルが弱い人が多いです。

ウェイトトレーニングをやりすぎて

見た目は良くなったけど

スポーツのパフォーマンスが下がってしまった例もあります。


インナーマッスルが弱ると姿勢の維持が下手になり、可動域のある骨、特に胴体周りの骨が変な位置でキープされてしまったり、姿勢が安定せず崩れて身体を痛めてしまったりします。

インナーマッスルを鍛えることは慣れないと意識をすることも難しいです。

例えばインナーを使うヨガなどで目の前の先生と同じポーズをとっていても、アウターにばかり頼ってしまう方もいます。


とはいえインナーマッスルにばかりこだわらず、どちらもバランスよく鍛えることが大切です。

また筋肉をほぐすことも忘れずに

RISA